【アプリの起動方法比較】Macでアプリを起動する最も効率的な方法【Spotlight活用】

ノウハウ
burikama
burikama

Spotlight使ってない人多いかもしれませんが、意外と便利ですよ!という話です。

みなさんMacでアプリ起動するときどうしていますか?

  • Dock(下に表示されているランチャー)から起動
  • Launchpad(F4キー)から起動
  • Finder > アプリケーションから起動

などなど…たくさん方法があるかと思いますが、burikama的ベストプラクティスは

Spotlightから起動

です。

それぞれのメリット・デメリットをお話した上でSpotlightでアプリを起動する方法を紹介します!

結論から読みたい方は「Spotlightでアプリを起動する方法」からお読みください。

アプリの起動方法比較

Spotlightから起動する方法を説明する前に、他に代表的な3つの起動方法をご紹介します。

Dock(ドック)から起動する方法

Dockとはこの画面左端に表示されているアプリランチャーのことです。

デスクトップ画面

周りの友人が使用しているのも見ていると、Dockからアプリを起動するパターンが一番多いのではないかと思います。

個人的にも3つの中でこの方法が一番よいのかなと思っています。

メリット①アプリの起動が一番簡単

常に画面上に表示されているのでDockを使用してアプリを起動するのが一番手軽で簡単なのではないでしょうか。

メリット②表示の編集ができる

Dockは表示をある程度任意に設定することができます

デフォルトでは

  • 表示位置:画面下
  • 常時表示

になっていますが、burikamaは

  • 表示位置:画面左
  • マウスカーソルを持っていった時のみ表示

に設定しています。

他にも大きさやアニメーションなども自分の好みに合わせて編集できるのがよいですね。

デメリット①使用中のアプリが増えてくると鬱陶しい

Dockerはアプリランチャーの役割があると同時に、現在起動しているアプリを表示する機能も持っています。

Dockerをみればいつでも起動中のアプリを確認・移動することができるのはよいのですが、個人的にはこれが好きではありません

というのも、アプリを起動しまくると、

デスクトップ画面2

こんな感じにDockerがアプリでいっぱいになってしまいます

こうなると視覚的に任意のアプリを探すことに時間が割かれてしまい、頻繁にアプリを切り替える場合には特にめんどくさいと感じてしまいます…。

デメリット②Dockerに登録しているアプリが増えてくると鬱陶しい

デメリット①とほとんど同じ内容なのですが、Dockerにはよく使うアプリを任意で登録しておくことができます。

しかし私のように普段使用しているアプリが多い人は、全て登録してしまうとアプリアイコンが増えすぎてごちゃごちゃしてしまいます

Launchpadから起動

Launchpadとは、キーボードのF4を押して起動される画面のことです。

Launchpad

メリット①アプリが一覧で見れる

画面いっぱいに所有しているアプリが一覧表示されるので、頻繁に使用することがなく、Dockerに登録していないアプリなどもすぐに起動することができます。

また、iPhoneのホーム画面のように自分好みにフォルダ分けすることができるのも良い点ではないでしょうか。

デメリット①アプリが増えてくると鬱陶しい

Launchpadはダウンロード済みのアプリが全て表示されるので、アプリが増えてくると起動したいアプリを探すのが面倒になってきます。

一定の数を超えてくると2ページ目、3ページ目と、ページ数も段々増えてきてその分手間がかかってしまいます。

もちろんフォルダ分けやアプリ位置の変更などで対処はできますが、アプリをダウンロードするたびにその管理をするのも面倒ですよね。

Finder > アプリケーションから起動

Finderのアプリケーションフォルダから起動する方法です。

Finder > アプリケーション

多分普段からこの方法を使っている人はほとんどいないかと思いますが…。

メリット①ファイルと同じように操作できる

Finderで表示されているので他のファイルと同じようにコピー・ペーストや情報(アプリのサイズ、ダウンロード日など)の閲覧を行うことができます

アプリケーション > 情報を見る

普段使用することはないでしょうが、

例えば

  • どこかにバックアップを取る
  • 容量を圧迫しているアプリを確認する

といった用途では必要な機能になってきますね。

デメリット①そもそもアプリ起動には向いていない

この方法は普段アプリを起動する際にはそもそも向いていない方法です。

いちいちFinderを開いて(ここでDock使ってるし)そこから一覧表示されているアプリを探してダブルクリックで起動して…

やはりこれはあくまでファイル操作の為にある方法なので、先述の通り普段から使用している人も少ないでしょう。

Spotlight

そもそもSpotlightとは、Macやインターネット上のあらゆる情報を検索することができる、何でも屋さん機能です。

Spotlightでは、Mac上のアプリケーション、書類、およびその他のファイルを素早く見つけることができます。Siriからの提案を使用して、最新ニュース、スポーツのスコア、気象状況などを入手することもできます。Spotlightでは、計算や換算を行うこともできます。

https://support.apple.com/ja-jp/guide/mac-help/mchlp1008/mac

これだけを見ると色々できて便利そうですが…勝手な憶測で話すと、

みなさんそんなに使ってないですよね?

色々できるのはその通りなのですが、そもそもニュースとか天気はChromeとかのブラウザで検索するし、計算も手元にあるiPhoneでやったほうが速いし…。

何でも屋さんではありますが、普段慣れ親しんでいる方法でやっちゃうのでSpotlight君はほとんど使われることは無いんじゃないでしょうか。

しかし、私burikamaは唯一Spotlightで使用している機能があります。

それが、アプリの起動です。

Spotlightは検索するための機能なのですが、

つまりMacにダウンロード済みのアプリを検索することができ、またそのまま起動することもできます

この方法が一番ストレスフリーでアプリ起動の最適解だと思っています。

Spotlightでアプリを起動する方法

command(⌘) + スペースを同時に押してください。

burikamaはoption + スペースで起動するように設定していますが、その理由は以下の記事を参照してください。

すると画面上に「Spotlight検索」と表示されている文字の入力画面がでてきます。

Spotlight

例えば、「app」と入力してみましょう

すると「app」という名前がついているアプリの候補が表示されます。

Spotlight2

私の場合だと「App Store」と「AppCleaner」の2つですね。

あとは起動したい方のアプリを矢印キーで選んでEnderキーでアプリを起動することができます。

メリット①キーボード操作で完結する

実際に操作してわかったかもしれませんが、Spotlightを使用するとマウスカーソルの操作が一切不要になります。

なので文字入力作業などを行っている場合にいちいちトラックパッドやマウスに手を動かす手間が省けます

メリット②アプリを探すのが簡単

Spotlight検索では起動したいアプリ名を入力する方式なので、ごちゃごちゃした一覧から探すといった手間も生まれず、自分が必要なアプリに絞って探すことができます

メリット③Dockを常時表示している必要がなくなり、画面が広くなる

Dockは常に画面上に存在しており(設定で変更可能)、すぐにアプリを起動することができるのはよいのですが、その分画面が圧迫されてしまいます。

大きいディスプレイを使っているのであればさして問題にはならないでしょうが、MacBookなどの小さいディスプレイを使用している場合にはあるとないとでは画面上のすっきり感が全然違います。

Dockを非表示にするには、

システム環境設定 > Dockとメニューバー > Dockを自動的に表示/非表示

のチェックを入れてください。

これでDockにカーソルが近づいた場合にのみ表示されるようになります。

デメリット①アプリ名を知っておく必要がある

あくまで検索機能なので、アプリ名を入力する必要があり、そのためアプリ名を知っていることが前提です。

しかし例えば「App Store」を検索したい場合、「store」と入力してもちゃんと表示されるので、個人的にそこまで不便には感じません。

デメリット②日本語→英語の切り替えが必要な場合がある

文字入力時にキーボード設定が日本語になっていると、「app」と入力したくても「あっp」になってしまいます。

さすがにこれではちゃんとした結果が得られないので、その場合には検索前に入力切り替えをする必要がでてきてしまいます…。これはちょっと不便ですね。

ちなみに外部アプリの「Alfred」は入力前に自動で日本語→英語に切り替えてくれる機能もあるので気になる方はそちらの導入も検討してみてください。

Alfred 4 for Mac – 外部リンク

デメリット③アプリ以外の情報も表示される

Spotlightはなんでも屋さんなので、アプリ以外の関連する情報も表示してしまいます。私のようにアプリ起動一本に用途を限っている場合は邪魔でしかないのですが、これはある程度改善できます。

システム環境設定 > Spotlight

を開いてください。

システム環境設定 > Spotlight

するとSpotlightで表示する検索結果が設定できます。

アプリケーション以外のチェックを全て外してしまいましょう。

(システム環境設定など、他にも使用するものがあれば任意でチェックを入れてください)

これでSpotlightの検索結果がアプリに絞られるので、無駄な情報が表示されなくなります

まとめ

Spotlightでのアプリ起動方法を紹介しました。

burikamaは現在DockとSpotlightのいいとこ取りで運用しています

もちろん人によって向き不向きなどはあるかと思いますので、この記事を参考に自分の最適な方法を見つけていただけると良いかと思います。

こういった細かなことが作業効率にも大きく響いてくるので、今までなんとなくDockを使っていた方などは是非これを機会に設定を見直してみてはいかがでしょうか!

質問や疑問などありましたらコメントや問い合わせで聞いていただければいつでもお答えしますのでお気軽にどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました